仙道の参考書籍


一般的仙道書籍


黄金の華の秘密
 
出版社  人文書院
筆者   C・G・ユング/R・ヴィルヘルム共著
訳者   湯浅泰雄・定方昭夫
定価   ¥1854
 
 中国に伝わる仙道書、「太乙金華宗旨」と「彗命経」を収録し、そのユング心理学的解釈を試みるものです。仙道を志すものはもちろん、ユング心理学の学徒も読んでおくべき書でしょう。ユング心理学的な解釈のほうは、仙道における神秘体験を無意識における体験であると解釈していますが、仙道を志すものにとっては、この書に収録された2つの仙道書は実際の修行にとても有用なものとなりえるでしょう。

中国古典文学大系
 
抱朴子
列仙伝・神仙伝
山海経
 
出版社  平凡社
定価   ¥1800
 
 中国の古典として有名な仙道書である抱朴子、仙人たちの伝記を記した列仙伝、神仙伝を一冊に収録した書。その内容には眉に唾を10回くらいつけて読んだほうが良いとは思いますが(笑)、仙道を志すものは一度は読んでおくべき書でしょう。

老子・列子
 
出版社  徳間書店
訳者   奥平卓・大村益夫
定価   ¥1850
 
 
易経
 
出版社  徳間書店
筆者   丸山松幸
定価   ¥1850
 
 「老子」や「易経」は様々な出版社から販売され、また、その解釈本もたくさん出版されていますが、とりあえず手に入りやすいものを挙げてみます。老子の解釈法には日常を生きていくための教訓であるとするものから、神秘的体験の説明であるとするものまで、様々なものがありますが、実践的な仙道を志すものは、そのうちに秘められた意味をよく汲み取るように努力しましょう。

現代仙道百科
 
出版社  白揚社
筆者   小野田大蔵
定価   ¥3500
 
 昔から仙道についての書を多く執筆している小野田氏の、それまでの纏めとも言える書。導引法や内観法などの様々な現実的な訓練法が記されています。

気 流れる身体
 
出版社  平河出版社
筆者   石田秀実
定価   ¥2000
 
 まず西洋医学の「固体として」の人体観に対して東洋医学の「流体として」の人体観の紹介からはじまり、流体のネットワーク、十二経脈、奇経八脈、気街、臓など人体の東洋医学的な考えからの説明を行い、身体と「こころ」の深い関係、そして、存思、身体錬金術にまで論を進めていきます。

戻る