心霊的現象への対応


心身の治癒

 
 ここでは、心霊的な問題を持っている人の心身面からの治癒方法を記していきましょう。

1 栄養バランスの良い食事をとる。

 
 炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスのよく取れた食事を取ることです。特に心霊的な現象に悩まされている人は良質なタンパク質(お肉など)を摂取することを心がけて下さい。あるいはもし普段、肉類を取りすぎているのでしたら、それらを少し控えるようにして下さい。ちなみに、神秘行の修行などでは肉を控え、菜食オンリーで修行を行なう流派が在りますが、この事は栄養学的に見ると、その食事によって脳内に特殊な意識状態を作り出す事になります。その意識状態は瞑想に向き、神秘行的修行をとても行ないやすい状態なのですが、同時に望まない心霊的経験も招きやすくなってしまうところがあります。また、栄養のバランスの取れてない食事は、それが長く続けば、意識を不安定な状態にしてしまうので、そういった面からも心霊的経験に会いやすくなります。
 
 これらの理由から、心霊的経験を望まない人にとっては、その様な意識状態はなるべく避けるべきといえるでしょう。ですから、日頃から栄養バランスの取れた食事を取るように気をつけてください。

2 睡眠をよく取り休養に務め、日頃からなるべく疲れないように心がける。

 
 人間の意識と言うものはその人の体調にとても左右されます。体調がよければ、人は自我がはっきりして、何かをやるぞ、という強い状態であまりたいしたことでは悩んだりしないものです。しかし、体調が落ちると人間は自分というものが、かなりあやふやな状態になってしまい、ちょっとした事でクヨクヨしたり、落ち込んだりしてしまいます。実はこの様な不安定な意識状態と言うものは、とても心霊的な体験をしやすい状態なのです。日頃から自分の行動に気をつけ、なるべく疲れないように心がけてください。

3 日頃から意識を楽に持つ。

 
 日頃から意識を「なるようになる」と楽に持ち、その上で自分の目標への努力をしていってください。人間の意識というのはあまり気負いすぎても思い通りにはならないものです。

4 精神科の医者と相談する。

 
 日本では精神関係の病気と言うと、まだまだ社会的に偏見を招きやすいものですが、人間は現代という半分狂ったような時代に生きている以上、精神も含めて常に身体のどこかしらに不調を持っていると思った方が正しいでしょう。どちらかというと、それに気が付かず、自分は精神的に絶対健康だ、と思っている人の方がいざと言うときにはよっぽど脆いものです。現在では心に関する治療法もかなり進んできています。心霊的経験などで、心がまいってしまったならば、精神科の医者と相談してみるのも良い方法の一つです。

5 なるべく孤独な状態を作らない。

 
 孤独を感じている状態というのは、意識に過大な負担をかけます。「自分は独りっきりだ」と思ってしまうと、この世界に満ちている自分を生かしてくれている力との交流さえ滞ってしまうのです。誰も独りっきりではありません。この世界に生きてる限り、常に自分を活かし見守ってくれている存在があるのです。その存在がいつも身近にいると信じて下さい。

6 何事にも動じないように心がける。

 
 心霊的経験を頻繁にしだすと、普通の人には見えないような状況が見えてしまい、心理的により落ち込んでいく場合があります。人の肩口に人間の頭が乗っていたり、事故があった場で血まみれの人の姿を見たり、道を歩いていると空中を変なものが飛んでいったり、とかく変なものを見やすいですが、しかし、これらにはいちいち気を留めず、完全に無視してやりすごす意識を作りだしてください。これらの変なものは人が強い感情によって残したいわば「抜け殻」みたいなものがその大半を占めており、普通の人は関わってもどうしようもない場合が多いのです。

7 希望を持ち、楽しく生きる。

 
 気の合う友人と楽しく話をし、好きな明るい音楽を聴き、楽しいTV番組を見るなどして、常に今を楽しく未来に希望を持って生きてください。そして自分自身を好きになって下さい。人はそれぞれの輝きを持ち、生きている事自体に何ものにも代えがたい価値があるのですから。そして、他の何の価値観にも惑わされない自分の本当にやりたい事を常に考え、それを行なっていって下さい。

戻る