ユングの来歴とユング心理学の概略


 Carl Gustav Jung(カール・グスタフ・ユング)は1875年スイスにある、霊的雰囲気の強い土地性を持つボーデン湖畔に生まれました。彼は幼い頃から、自らの心の内面や精神世界・霊的世界についての特別な関心を抱き、長じるにつれてゲーテやニーチェなどの哲学的な著作に没頭。そして、自らの進む道として人間の心(魂)を扱う精神医学(心理学)の研究を選ぶ事になります。
 
 チューリヒ大学の病院に勤めはじめた彼は1903年にエンマと結婚。1907年頃に、精神分析学の先駆者であったフロイトを知ることとなります。フロイトの論に感銘を受けたユングはフロイトと親交を結び、その才能を持って、一時はフロイトの後継者と目されるまでにいたります。しかしフロイトの理論だけに終わらず、彼独自の心理学の理論を発展させたユングは、その結果フロイトと決別する事になりました。そして、以降は彼自身の理論で人間の心の分析を続け、多数の著作や研究結果を残し、1961年死去します。
 ユングの心理学理論は幾つかの大きな特色を持っています。まず、第一に人間の心には幾つかの傾向や機能があるとした事。次に人間の無意識の奥には人類が共通として持っている「集合的無意識」という領域があるとしました。そして、人間の意識には「元型」と呼ぶ、いくつもの特定の型があると提唱しています。これらの型には現在、「ペルソナ」や「シャドウ」「アニマ」「アニムス」「トリックスター」「グレートマザー」「ワイスマン」という名で知られているものがあります。また人間はその心の奥に「自己(セルフ)」という中心を持ち、人間が人間らしく生きるためには、その自己を見つける自己実現が必要であるとしました。そして、これらの理論はユングの心理学として現在、様々なところで研究されています。
 
 ここでユングの心理学を簡単に説明するにあたって、まずはユングが考える人間の心の傾向や機能論というものから書いていきましょう。まず、人間が他者と交流するとき、その行動や意識は、大きく2つの傾向に分ける事が出来るとユングは考えました。一つは外向型と呼ばれるもの、もう一つは内向型と呼ばれるものです。この区分けは現在、一般的にも「あの人の性格は外向的だ」という使われ方で広まっているので聞いたことがある人も多いでしょう。ただ、本来のユング心理学では、もうちょっと違った見方をします。
 
 この2つのタイプは、その人物が物事を決めるときにその判断を自分の外側に求めるか、内側に求めるかによって決まるものだとしたのです。外向型の人は物事を決定するときに、人の意見や様々な情報を主な判断材料として用いるタイプ。内向型の人はまず、自分自身がどう思うかを主な判断材料として用いるタイプと言えるものです。
 
外向型
内向型
外界の情報を重視するタイプ 自分自身がどう思うかを重視するタイプ
 
 次に、ユングは人間の心の機能を四つに分ける事が出来るとしました。「思考、感情、直観、感覚」がそれです。人は、この4つのうちのどれか一つの機能を優位的に使い、物事に対して処理していくとしているのです。
 
 まず最初の「思考」という機能は、言語的で合理的な考えを優先して物事を理解しようとする事を指します。よく一般に言われる知的な働きといえば理解しやすいでしょうか。この機能が発達しているタイプの人は物事が正しいか、正しくないか等という事柄を重視します。次の「感情」は、対象にたいして自分が抱いた喜びや優しさ、好きや嫌いなどの感情を元に物事を理解しようとする機能を指します。ただ、ここで、この感情という機能に対して注意しておいて欲しい事があります。よく、一般的には感情的な人というと、ちょっとした事で激怒したり、何でも無いことで大泣きしたりするような人を指して「感情的」と呼ぶことがあります。そのため、感情の機能が発達してる人というと、そういった感情を爆発させやすい人のことをさしていると一般には考えてしまうでしょう。しかし、ここでいう「感情」の機能を発達させている人とは、その逆なのです。本当に感情の機能が発達している人は、自分の感情を上手くコントロールすることが出来るため、そういった感情を制御出来ないといった事は滅多に無いものなのです。以上、これら2つの機能、思考と感情は対になっているものであり、どちらかの機能が得意な人は、その逆が不得手になるとされています。
 
 3番目の「直観」は言語的な考えを経ずに、直接的に物事を理解しようとする機能をさします。俗に言う第六感的なものであり、全体的な知覚により、物事を処理するタイプです。そして最後の「感覚」というものは五感により得られるものを大事にする機能をさします。直観は意識に直接理解をするため、頭の回転は速いのですが落ち着きが無く、感覚は五感の情報を元にするため物事をゆっくりとですが、じっくりと処理していくタイプです。こちらの直観と感覚の機能も、対になっており、どちらかが発達しているタイプは、どちらかが未発達なものとされています。
 
思考
感情
物事を思考してから処理するタイプ 物事を自分の価値判断を元に処理するタイプ
直観
感覚
直接理解を元に処理するタイプ 五感の感覚を元に処理するタイプ
 
 ユング心理学では、ここに説明した基本的な2つの傾向のうち1つと、その4つの機能のうちの優位な心のはたらきを組み合わせて、様々な人の性格を説明される事がよく行われます。例えば、「外向的・感情」タイプの人は、あけっぴろげで感情を表に出し、人とよく接するのを好む人。内向的思考タイプの人は、人の意見よりも自分自身を大事にし、もっぱら自分が好む思索に耽るような人をさすのです。
戻る