神秘行とユング心理学


 神秘行はその重要な目的の一つとして「自己探求」というものを持っています。これは、人間にとって最も大事な「意識」というものを研究する方法ともいえるでしょう。しかし、現代にあって、こういった方面の知識を学びだした一般的な現代人としての読者は、神秘行が古代から生まれたものであるために、その理論が現在の科学からすれば単なる迷信や虚偽ではないのか?という疑念を持ってしまう事もあると思います。
 
 ですが、現在、発達してきた心理学という医療的学問。特にCGユングという心理学者の提唱した理論は、実際の医学的な治療実績を積み重ねるうちに、古代から伝わる神秘行の主張する理論と似たような考えに辿り着き、その考え方を現代人にも解りやすく説明することにおいて、飛躍的な成果をおさめました。
 
 そのため、現在、神秘行による自己探求を勉強しようと思うものにとっては、その基礎的な知識としてユング心理学の勉強が欠かせないものとなっています。ここでは、そのユング心理学の理論を元にして神秘行的な意識の領域についての紹介と説明を行っていきましょう。
ユングの来歴とユング心理学の概略
意識の構造
投影
元型
自我とペルソナ
ペルソナと本来の自分
コンプレックスと人格
影の自我
シャドウの投影
シャドウの認識
コンプレックスの膨張
コンプレックスと霊的存在
外界の知覚と認識の違い
無意識の段階
ここまでの纏め1
 
ユング心理学関係参考書籍
ユング心理学関係リンク集
戻る