各種神秘行

 
 これから神秘行というものを皆さんにお伝えして行くにあたって、ここでは、様々な種類の神秘行についての簡単な説明をしておきましょう。

神秘行の目的

 
 まず、神秘行とは先のページでも述べたように、本来、人間が通常では達する事の出来ない領域=人間自身の内に潜む「神の領域」とされるものを知り、自らをその領域へより高めていこうとするために行われる方法でした。その目的としては、悟りを開き、心に絶対なる安らぎを持ちたいという事から、人生の本当の意味を知りたいという事、自分の能力を高めこの世界を自由に過ごしたいという事。そして、自分の秘められた能力を目覚めさせ、それら持てる能力を全て使い、その信じる理想をこの世界に実現したいという崇高な事まで、様々な種類があるでしょう。
 
 人間の、この現在の通常の自分を越えたものへの憧れは、遥か昔からあり、その歴史、土地、文化によって様々な行法が生まれてきました。

日本における神秘行

 
 日本という土地に古来から根付いていた宗教、神秘行としては”神道”が挙げられるでしょう。”神道”とは、この世界全てありとあらゆるものに、神の存在を認め(これを八百万の神という)、人間自身にもある神性を成長させることを目的としたものです。流転するこの自然の中にあって、本来、自然の中の一つの生命体である人間が、全てのものと調和し生きることを説くものでした。
 
 日本はまた、古くから大陸との交流を行っていました。この交流により、主に東洋と呼ばれる土地(中国やインドなど)で生まれた様々な宗教や神秘行が伝わって来たのです。その代表的なものとしては”仏教”や”密教”、”ヨガ”、”道教”等があります。日本では元々あった神道にこれらの神秘行が加わり、独特の宗教・神秘行的な世界観が作られる事になります。

 ”仏教”はその源はよく知られているように、紀元前に生まれた釈迦(ゴーダマ・シッダルーダ)という方が説いた教えから始まりました。彼の教えの根幹は四聖諦八正道十二縁起と呼ばれるものからなり、この世界の現実をありのままに観る事を説いた教えでした。ただ、後世、彼の教えは大きく曲解されていきます。例えば、現在、仏教というとまず霊的なものを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、釈迦自身は、霊的なものは否定しているのです。いえ、もっと極端に言えば、彼の本来の教えは全てのものを否定していたといえるでしょう。霊もいない、神もいない、全てのものは幻想である、そして、私達が我自身と思っているものさえも、そこに囚われる「業」が創り出した幻想である。それら全ての幻想と囚われる心(業)を否定し去り、それでも、そこにまだ残るものこそが「真理」であるという教えが、彼本来の教えなのです。この釈迦の説いた本来の教えは現在では原始仏教と呼ばれます。
 
 
 この原始仏教自体は、表面上、その人間の欲望を否定すると誤解されてしまうところから、多くの人々に嫌われ後世に伝わるにつれ大きく変わっていってしまいますが、しかし、そんな中でもいろいろな価値のある教えを生み出します。密教もその一つといえるでしょう。”密教”というと現在では、よく漫画の影響などで印と真言を組んで超人的な力を発するもの、という誤解が広まってしまっていますが、本来は仏教の流れを汲みこの世界の在り方を正しく理解するための学問でした。ただし、一般に伝えられる仏教は、その学問の難しさから、普通の人ではその理解が遅々として進まないことが多いので、密教では人間の秘められた能力を効果的に成長させるための、様々な実践的な方法を作り出したのです。しかし、これらの実践的な方法には危険も多く、そのため一般に明らかにされている教え=顕教に対して、選ばれたものだけに密かに伝えられる教えという意味で、密教(=秘「密」の「教」え)はその名前で呼ばれるようになったのでした。これら仏教や密教は大陸に渡った僧たちによって、その教えが日本にも持ち帰られ、古くから日本で、その教えを花開かせることになります。

 ”ヨガ”は古代インドあたりで生まれた、とても古い歴史を持つ神秘行と言われています。先に紹介した釈迦も一時、このヨガを修していたという話もあります。日本にも仏教や密教とともに伝わってきていましたが、昭和初期までは、あまり知名度のある神秘行ではありませんでした。特殊な修行法として、一部の修行者達の間で知られていたくらいでしょう。そんな状況が変化するのは近年になって、海外で精神世界ブームが広まりヨガを修する人が増えたり、またヨガのアーサナなどが健康法的体操として注目されてからです。そして、現在では、一般的にも街角でカルチャースクールでヨガを教えているところも多く、ある程度の事は皆さんも知っていると思います。ただ、一般的にはヨガというとアクロバットな体操みたいなものを思い浮かべてしまう人も多く、ヨガは単純に体操法でしかないものと勘違いしてしまっている事も多いかもしれません。しかし、それらの体操的な訓練は本来の「ヨガ」という神秘行への入り口にしか過ぎないのです。ヨガの本来の目的は人間の「意識」に関する深い学習を行い、意識を自在に制御し三昧を得たり、大いなる心の平安、本当の自分自身を見つける事を目的とするものなのでした。では、何故、そういった意識の学習法であるヨガが一般によく見られるようなアクロバットな体操をしなければいけないのでしょうか?。それには、ヨガが目的としている、意識の制御という事柄について知らないとなりません。ヨガで目的としている人間の意識の制御は、まずは意識をその奥深くまで感じることが必要となりますが、その為には、肉体のとても繊細な感受性が必要になるものなのです。しかし、人間が一般的な生活をしていると、肉体には多くの歪みや凝りが生じてしまいます。その歪みや凝りがあると、微妙な意識を感じることが出来なくなってしまうのです。これらの歪みや凝りを無くし、自分自身の心身をより知るために、ヨガは本来の修行の前段階として、現在、広く知られるような体操法を発展させていったのです。しかし、ヨガを良く知らない一般的な人達は、ヨガというと単純に体操法にしか過ぎないものなのだと思い込んでしまい、現在、それだけがヨガであるという誤解が広まるような結果になってしまったのです。

 ”道教”は現在の日本でも知っている人が少ないかもしれません。道教とは元々は古代中国で発達した、日本の神道にも近いといえる原始宗教であり、古代中国の様々な土地の民族のシャーマン的なものが発展し広まった、纏まりの無いものでした。しかし、その中に黄老思想を取り込み、ある一つの宗教体系としての形を成します。やがて、孔子の教えや仏教思想なども取り込んで道教は一つの大きな宗教へと発展したのでした。中国では現在でも、この道教の教えは生活と密接に関係しています。中国に伝わる主な思想や学問、易の教えや鍼灸学、気功などから料理に至るまで、その考え方のルーツは、この道教にあります。道教こそ中国の本来の姿を表している宗教ともいえるでしょう。そして、大陸と交流していた日本は実は古来から、この道教的な考え方の影響を大きく受けていたのです。また、道教には、こういった人々の日常の生活に密接に関係する教えの内に、人間の秘められた能力を開発するための教えを持っていました。「道」と一つになり全てのものから自由になるための、この神秘行は”仙道”と呼びます。

西洋(西欧)における神秘行

 
 このHPでは西洋、あるいは西欧とは主に広い意味でのヨーロッパにアメリカも加えたものとして扱います。日本では、江戸時代までは前述のような東洋的なものが主体となった独特の宗教的な世界を発達させていました。その宗教観に大きく変化が起こったのは、明治維新後や第二次世界大戦での敗戦になります。特に敗戦後は、西洋の様々な文化そして宗教が流入し、日本の人々の意識も変化しました。そのため現在の日本の人々、特に若者たちの意識には、西洋の様々な神秘行的知識が大きな影響を及ぼしているといえるでしょう。
 
 西洋の神秘行にあって代表的なものには、カバラ、西欧神秘伝統、ヘルメス学などがあります。”カバラ”とは古代ヘブライから伝わる神の秘密を知るための学問です。旧約聖書に隠された秘密を明かすための学問とも言われ、後のユダヤ教やキリスト教、イスラム教などにも影響を及ぼすものでした。この神秘行は膨大な神秘文書と精緻な瞑想体系により、神との神秘的合一を目指すものです。
 
 ”西欧神秘伝統”及びヘルメス学は、このカバラに、エジプト文化やキリスト教、イスラム教、ギリシア・ローマなどの様々な文化や思想・哲学、そして神秘的技法が組み合わされて生まれた実践的学問体系ともいえるものです。この西欧神秘伝統は、西欧の文化を陰になり日向になり形作って来たものであり、そして、この西欧神秘伝統からこそ、現代の西欧的な”科学”という学問が生まれてきたといえるものなのです。
 
 以上が西欧の神秘行の中でも主だったものですが、その他にも西欧の神秘行にはキリスト教神秘主義、グルジェフ・ワーク、神智学、人智学、スーフィーなど様々なものがあります。

戻る