教育コースを学ぶ際の心得


 ここからは、教育コースを実際に学んでいこうと思ってもらった学徒のために普段から心がけておいてほしい事、注意しておいてもらいたい事等を事前に書いておこうと思う。
日常生活を大切に

 まず、AM統合神秘行を学ぼうと思った者は、この学習を行うために日常生活をおろそかにしてはいけないということを、第一によく理解しておいてほしい。社会人はその本業を果たし日常の生活を大切にする事。学生はその本分たる、学問に励むこと。その余暇たる時間で、AM統合神秘行の知識を学ぶようにしてほしい。もちろん、学んだ知識や能力、考え方を日常生活に活かすことについては問題ないし、むしろ、すすめられる事でもあろう。
 
 学徒はこの秘教学習体系を学んでいけば、そのうちに解るようになると思うが、実は我々が普段生活している、その環境そのものが我々にとっての真のよき学びの場なのである。
 
 精神世界・オカルト的世界で、よく誤解されることに、社会人生活を捨てて、こういった不思議そうな学問を極めたものが人生の「達人」になれるのだという考えがある。例えば、私は「真理」を知っている、あるいは求めるといってる人とか、超能力を持っている、魔力を持っている、あるいは私は「悟り」を開いてる、「最終解脱」をしたという人を崇めたり、そういった人にいろいろと教えてもらったりしたい、という行動をとるのも、その一種だ。
 
 そういった方達は物質世界は汚いものであり、精神世界こそが高尚な本物の世界であるといった考えを持っている事が多い。しかし、HP作者はその神秘行の中心的考えとして、「全てのものは本質的には意味は無い。しかし、それは翻せば、全ての現われは同様に神の一面であり、神聖なるものなのである」との考えを抱いている。
 
 我々の住んで生活している、この物質世界自体も、神の一つの現れとして神聖なものなのである。だから、筆者は現実の生活も極めた上で、さらに神秘行や秘教体系という面倒くさそうな学問も修めた方が、真の意味での「達人」となりえると思っているのだ。もちろん、筆者自身、そういった段階には程遠いところにいるし、そういった段階まで行くなんて殆ど無理だと思っているが、学徒の方もその辺については自分なりによく考えてみてほしい。
 
 オカルトに興味を持った人たちは、現実の社会生活で苦労・幻滅、あるいは自分に自信を無くして、凄そうな事を言ってる人についていけば、自分も凄い段階にまで行けるんじゃないかという幻想を持った人たちがよく、というか、そういった人達だからこそ、こういった秘密的教えに逃げ口を求める事がある。しかし、普通の社会生活も、しっかりとこなせない人は、それより実はさらにつらく面倒な神秘行体系を真に学びとることは出来ないであろう。
 
 実際、筆者自身も継続して行うべきこれらの学習を忘れたり、サボリがちになる事もよくあるし、以前、このHPでネットを通じて実験的に行っていた教育においても、殆どの学徒の方が日記を書く事や現実生活との両立がつらくなってやめたりしている。だが、それはそれで仕方がないと思う。少なくとも精神世界に逃げ込んで現実生活を投げ出してしまうよりは、余程、その方がその人の人生にとっては良かった事だと思うから。
戻る