ANIMA MYSTICA的統合神秘行教育コースの概要


 次は教育コースの内容についての概要を記そう。
 
 まずは、教育コースを学ぶことを志願してくれた方(この方を”学徒”と呼ばせてもらう)には「仮入会申込」をしてもらう事となる。「仮入会」とあるのは、教育コースにおいては、仮入会段階でしばらく、その学徒の学習に対する適性をみさせていただいてから、本入会に進んでもらうことにしているからだ。仮入会の段階では入会に対する認証については緩やかなものにしようと思っている。最初の仮入会の申込時点では、学徒には名前としてネット上で使うHN、住所も何県何市だけを登録してもらう事になる。しかし、本入会の際は、学徒には本名と住所を登録してもらい、その住所に、こちらから郵送で入会に必要な書類を送らせていただく。学徒は、入会申込や必要な書類に自筆でサインをしていただき、返信してもらうという手続きを経てもらう事になるので、その旨、認識しておいてほしい。
 
 仮入会申込には、仮入会用のフォームを送ってもらうこととなる。この内容は、教育をすすめていく上で、こちらからの指導の参考とさせてもらうものなので、しっかりと記入してほしい。入会申込フォームは別のページに準備する。HP作者(以後、”教育担当”と記させてもらう)はこのフォームが送られてきたら、その内容について、よく確認をさせてもらう事となる。特に重視するのは、教育コースを志願する目的としている。学徒は出来る限り、フォームを送付する前に当HPをよく読み、その内容を理解してから、仮入会申し込みをしてほしい。
 
 基本的には「HPを見て、神秘行に興味を持った。また、教育コースについての説明も読んだが、その実践学習も受けてみたい」といった主旨の内容で結構である。これに、出来る限り自分の神秘行経歴や、自分の目指すところも書いてほしい。これらの内容により、仮入会の可否を決めさせてもらうこととなる。
 
 ここで、志願目的についての、注意点を述べておく。以前、申し込みをしてくれた方の中には「黒魔術ばかりやってたので白魔術を習いたい」とか「弱者として魔術を最後の武器にしようと思う」、「バアル復活を企んでいる黒い勢力と戦いたい」など、こちらのHPの教育コースの目指しているところとは、ずれてるように見受けられる方もおられた。残念だが、そういった方には、教育コース仮入会については見送って頂く事となる。
 
 志願目的が、こちらの学習内容と合っていると確認出来た方、また、その他の項目についても、特に問題なしと判断した方には、教育担当から仮入会許可の通知と学習用のテキストをメールで送付させてもらう事となる。仮入会許可の通知は、基本的にこちらでメール受領後1ヶ月以内には送らせてもらう。仮入会については招待制としており、不親切かもしれないが、仮入会が不可の場合は、その旨の通知はしないので、ご了承してほしい。また、もし万が一、入会希望者が教育担当の許容量を上回ることになった場合は、先に入会した学徒の教育が終わってから、学徒には入会してもらうことになる。その場合は、その旨をメールで一報するので、了承されたし。
 
 仮入会が決定すると、教育コースの仮会員という形になる。学徒には、教育担当からその段階の学習用のテキストをお送りする。学習用のテキストはSTEP形式になっている。また、大きく分けて知識学習と実践学習の2種類で構成されている。仮会員の方は、送られてきたSTEPのテキストについて学習し、知識学習については、その章末に記されている課題を教育担当に提出すること。また、実践学習については、その指示された実践学習を指示された期間か、指示された結果が出るまで続けてもらう。その学習を行っている間は、記録をつけてもらい、STEPを終えたと判断した時点で記録を纏めて教育担当に提出してもらう事になる。
 
 実践学習の記録については、日付と時間(何時何分から何時何分まで。おおよその時間で結構である)。場所(自分の部屋とか、浴室とか、職場とか等)。心身の体調(良好、風邪、頭痛など)。何を学習したか(四拍呼吸、リラックス法など)。学習の経緯、結果(特に問題なしとか、邪魔が入ったので中断、光が流れにくかったとか)。結果(力が満ちる感じがした、気分が悪くなった等)、感想(明日も、実験的な方法を続けてみよう)などを記してもらう。それに出来れば、その日の天気。気温、湿度。月の位相などもあれば良いだろう。ここで提出を必要としているのは、実践学習の記録であり、”日記”では無いことには注意してほしい。そのため、何も実践学習が出来なかった日は、何も記さずとも良い。後に注意事項でも述べるが、この教育コースにおいては、学徒には神秘行よりも”日常”の生活をより重視するように指示している。日々の生活が忙しい場合は、そちらを優先するように心がけること。また、日記は不要と記したが、もちろん、日々の日記の一部分として、実践学習の記録をつけても良い。その場合は、学習記録の部分だけを抜き出して教育担当に送るか、日記丸ごと送るかは、各自で判断してほしい。
 
 実践学習記録の媒体に関しては、紙のノートでもPCにテキスト入力形式でも構わない。実際、普段において記録を行う場合は、B5(orA4)のノートやルーズリーフの方が便利が良いことが多いと思う。自分も昔はよくB5のノートに日記や作業記録、夢日記をつけていた。ノートの便利なところは、何か実践学習に関してビジュアル的な閃きを得たときに、それをそのまま書き記せる事だろう。ただ、この教育コースではインターネット(主にメール)を使って指導を行うので、記録は電子ファイルで提出してもらう必要がある。紙のノートに書く学徒は、改めてPCのテキストに書き起こすか、スキャナで取り込む、あるいは最近であれば、携帯やスマホ、デジカメなどで画像ファイルとして取り込んだものを送ってもらってもいいだろう。その際は、HP作者の方で、内容が解るくらいの解像度のものを送ること。ファイル形式はメールで送ることを考えると、圧縮形式(一般的にはjpg)が良いだろう。この辺は必要ならば、学習前に最初に教育担当と調整しておいてほしい。PCでテキストで作成した学習記録は、そのままメールに添付して送ってもらうようになる。また、PCでの記録は適時、バックアップを取っておくこと。PCのデータは消えやすい事を肝に命じておいてほしい。
 
 教育コースにおいて、学徒は学習を進めていく際に、そのSTEPの内容について、教育担当に質問をする事が出来る。但し、その際は、質問をする前に出来る限り、学徒自身でも質問内容について調べた上で質問をするようにしてほしい。現在は、インターネットを使えば、かなりの段階まで調べることが出来るだろう。また、身近に図書館などがあれば、最近はそちらで質問に関する資料が載っていそうな本を取り寄せるなども出来ると思う。教育担当に質問メールをする際は、事前にこれらの努力をした上で、それらの経緯をメールに書き、教育担当にメールするようにしてほしい。
 
 教育担当も、出来る限り、質問についてアドバイスをしていく事にしている。しかし、教育担当にも解らないことはたくさん出てくると思う。答えられないことについては、答えられない旨の返信をする事になるので了承してほしい。その際でも、教育担当として何か、ヒントとなりそうな事柄を知っている場合は、その辺りも返事に書いておこうと思う。出来る限り、学徒の学習の助けになろうとは心がけていこうとは思うが、しかし、教育コースに関わる事柄について、教育担当も全てを理解している訳ではない。教育コースでは、教育担当も学徒と一緒に学習をしていくようなものだとも、捉えておいていただければ幸いだ。
 
 また、教育担当は、現在、普通の社会的な業務や日常的な用事をこなしつつ、教育コースを運営している。その為、もし、教育担当が業務や日常などで忙しいときは返信が遅れる事もあるので、その点についても了承してほしい。
 
 学徒は各STEPを終えた後に、その課題を提出することになる。教育担当はそれらの提出物を確認し、合格ラインに達していると判断したら、学徒に次のSTEPのテキストを送付する事になる。学徒は、次のSTEPの内容を確認し、その段階の学習に入ってほしい。もし、提出物がまだ合格ラインに達してないと判断した場合は、教育担当からその判断理由を記したメールを送付する。学徒は再度、その判断理由を参考に、STEPの課題を再度やり直してほしい。
 
 学習については、基本は、こういった形を繰り返し、先に進んでいくことになる。STEPのテキストについての幾らかは、HPでも公開しているので、教育コースを受けるかどうか、考えている方は、そちらも参考にしてくださるといいだろう。
 
 先にも記したが、仮入会の段階では、学習に関する適性も見させてもらうこととなる。主には、学習に対する熱意。また、学習を続けていける環境にあるか。また、学徒自身の神秘行に対する適性、一般社会的なマナーについても見させてもらう。
 
 もし、仮入会時、及び本入会後でも、学徒が学習に不適と判断した場合は、基本的には教育担当から、その旨をまず注意する内容のメールを送らせていただく。この段階で学徒が、もし、まだやる気があり、その理由を直そうという考えがあるならば、その旨を記したメールを返信してほしい。しばらくは、状況を見させてもらう。もし、これらの注意を受けた理由について、特に改善が見られないようであれば、こちらから「退会勧告」を送らせていただき、それでも、駄目なようであれば「除会の通知」を送らせてもらう。それを以て、正式な退会扱いとなる。
 
 仮入会段階では、神秘行についての様々な事柄を学んでもらうが、その最後では特に、実践学習においてとても必要な”オーラ視”に関して深く学習してもらう。このオーラ視が出来るようになると、学徒は否が応でも霊的なエネルギーの存在を実感するようになるだろう。この段階で学徒は次の段階に進むかをよく熟考してほしい。
 
 そして、もし、この神秘行の世界を歩む決心がついたならば、その旨を報告してもらいたい。その時、学徒の方には本入会として自己参入式を行ってもらい、神秘の流れに踏み込むことになる。
 
 本入会した後は、第一段階として、神秘行の基礎的な事柄についての徹底学習を行ってもらう。また、オーラや気と呼ばれるものの制御の実践学習。そして、さらに先に進むための自己学習のノウハウをお伝えする事になるだろう。
(Ver.1.1 20150201)
(初出 20131002)

戻る