仮入会段階学習STEP表(基本学習文書)

 
こちらは、AM統合神秘行教育コースの仮入会段階学習用文書の一般公開分の目次になる。製作管理の都合上、一般公開していない文書にもリンクが張ってあるが(STEP番号に非公開と書いてあるもの)、そちらはリンクをクリックしてもページが無い旨表示されるだけなので、了承されたし。

STEP001解説 STEP解説
001A 西欧神秘伝統の構成要素について 西欧の精神文化の二大潮流(ヘレニズムとヘブライズム)。西欧神秘伝統の3つの秘儀体系(占星術、錬金術、カバラ)
001B ユング心理学について 神秘行の現代的説明。ユングの来歴。ユング心理学の特色
001C 占星術について 恒星と星座。惑星と占星術のはじまり。黄道十二宮。天宮図(ホロスコープ)。占星術と人間の意識内のエネルギー
001D
(非公開)
意識化 概要。準備。身体の細やかな感覚。「意識を向ける」。感じること
 
STEP002解説 STEP解説
002A 古代の四大について 四つの元素(地、風、水、火)。根元のエネルギー。イメージの扱いについて
002B 古代の四大について2 「区分」について。冷と熱、湿と乾。上昇原理と下降原理。四大の性質とイメージについて。共通する要素
002C
(非公開)
呼吸法 呼吸と意識。命の大海。「いき」る事。準備。数息観
002D
(非公開)
導引法 導引の歴史。流れる意識。地球と人体の相似。準備。ポイント。基本的な導引
 
・STEP003解説 STEP解説
003A ユング心理学について2 2つの傾向。外向性と内向性。4つの機能。直感。思考。感覚。感情。図形での説明。四大との共通
003B ユング心理学について3 意識の段階的構造。顕在意識、無意識、集合的無意識。人間の意識とコンピュータの類似
003C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法と導引法の継続
003D
(非公開)
リラックス法 緊張と弛緩。気血の流れ。緊張と弛緩を味わう。弛緩の触感的記憶と受動的・能動的弛緩。部分リラクセイション
 
STEP004解説 STEP解説
004A 古代の四大について3 各元素の記号。記号の意味(三角と中心の棒)。五つ目の元素。根元的な力。記号(車輪の記号)
004B 四大の精霊について パラケルススと四大の精霊。各精霊の名前、キャラクター
004C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法と導引法の継続
004D
(非公開)
リラックス法2 4つの系統に分けたシステム・リラックス(1 頭及び首肩系。2 腕系。3 脚系。4 身体系)
 
STEP005解説 STEP解説
005A 錬金術について 発祥と伝説。神(黄金)への成長。賢者の石。第一原質。AZOTH。三原理(硫黄、水銀、塩)。黒化・白化・黄化・赤化。錬金術とユング心理学
005B 古代の七惑星について 古代の七惑星(太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星)。人間の意識に認識されるイメージ。七惑星の象徴的記号、各イメージ、対応するギリシャ・ローマ神話の神々、象徴的記号の錬金術的解釈
005C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法とリラックス法2と導引法の継続
005D
(非公開)
意識化2 意識化の復習。さらなる心身の理解。根源の意識へ
 
STEP006解説 STEP解説
006A 新惑星について 土星の外側の惑星の発見。新惑星(天王星、海王星、冥王星)。新惑星の象徴的記号、各イメージ、対応するギリシャ・ローマ神話の神々
006B 黄道十二宮について 黄道の太陽の動き。黄道の十二分割。歳差運動による十二宮と星座のずれ。黄道十二宮の象徴的記号、各イメージ、対応する星座とそのギリシャ・ローマ神話の由来
006C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法と導引法の継続
006D
(非公開)
リラックス法3 呼吸と筋肉。コンビネーション。気をつける事
 
STEP007解説 STEP解説
007A 月節について 白道と黄道の交わる点:月節。カウダ・ドラコニス、カプト・ドラコニス
007B 古代の七惑星について2 七惑星のイメージと性質。
007C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法とリラックス法3と導引法の継続
007D
(非公開)
視点制御 視点と意識。意識の場。視点制御の実践学習。意識で観る
 
STEP008解説 STEP解説
008A 瞑想について 言葉の由来。現代日本の瞑想に対するイメージ。各神秘行体系(ヨガ、GD伝統、仙道)における瞑想の扱い。「意識」を理解し制御する
008B 秘教的象徴について 象徴と日本。複合的な観念体。「イメージを制御する鍵」としての象徴。象徴によるイメージ喚起の解説。
008C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法とリラックス法3と導引法の継続
008D
(非公開)
一点集中 日常と実践学習の切り替え。集中力を育てる。環境作り。アラームについて。意識のショックを避ける。皮膚の痒み。意識の変化
 
STEP009解説 STEP解説
009A 姿勢について 西欧神秘伝統における姿勢(神の座位と神の立位)。更にAM統合神秘行で理解しておくべき姿勢(胡座、半跏趺坐、結跏趺坐)
009B ヨガについて 制御の体系。ヨガの発展と日本への伝来。ラージャ・ヨガとハタ・ヨガ。ヨガの八段階。ヤマとニヤマ。行の内容に対する現代的捉え方
009C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+導引法
009D
(非公開)
アーサナ 身体の歪みが意識にもたらす悪影響。神経に関する危険性。基本的なアーサナ。背骨の調整
 
STEP010解説 STEP解説
010A カバラについて カバラの言葉の由来。発祥の伝説。ユダヤ神秘主義。教師ラビ。イェツィラー、バヒル、ゾハールの書。ルネサンスにおけるユダヤ教カバラと非ユダヤ教カバラ(クリスチャン、オカルト、魔術)の分流。ルネサンスの知識人達。エリファス・レヴィ、そして「黄金の夜明け」団のカバラ
010B 秘教的照応について 共通・類似する要素。分類。意識内での動き。火星と白羊宮の照応の例。秘力を扱うときの重要な事柄
010C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
010D
(非公開)
軟酥(ナンソ)の法 由来。HP作者の経験と薦め。環境の準備。「酥(そ)」について。イメージによる心身の浄化と温浴。心身の調律
 
STEP011解説 STEP解説
011A カバラの学習内容について 文字と数値の関係性を用いる考え方。カバラの4種の教義内容(実践的カバラ、文字で表されたカバラ、教義的カバラ、書かれざるカバラ)。 ゲマトリア、ノタリコン、テムラー。教義的カバラの3つの概略(七つのカバラ的概念。創造の四世界。生命の樹)
011B 瞑想について2 環境について。創意工夫の必要性。姿勢について。眠気について。心身の関連性について。日常の過ごし方について。瞑想の様々な危険について
011C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
011D
(非公開)
逆向き瞑想 一日を逆戻しする。空白の記憶。無意識の行動。途中で寝てしまった場合。日常でのストレスについて。思考パターンの変化。偽りの自我。自分のありのままの姿 
 
STEP012解説 STEP解説
012A 生命の樹について 神秘図形。非ユダヤ教のカバラ。生命の樹の図の構成。各セフィラについての記憶
012B 黄道十二宮について2 各十二宮の性質について。区分(二区分、三区分、四区分)
012C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
012D
(非公開)
自己観察 逆向き瞑想で気がついた意識の空白について。思考の自覚のはじまり。自己を観る覚めた意識(眼)
 
STEP013解説 STEP解説
013A 生命の樹について2 生命の樹を構成する各種概念。四界、三組、三つの柱、アビスとパロケト、炎の剣、叡智の蛇、ダース
013B 黄道十二宮について3 ルーラー(守護星or支配星)。キーフレーズ、キーワード。イメージと性質群
013C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
013D
(非公開)
閃く色彩 色彩の補色残像。閃く色彩の図版の作成と見方。色彩が閃くときの意識状態。神秘的現象と生理的現象の区別の理解。「制御」の重要性 
 
STEP014解説 STEP解説
014A 聖書について 「旧約」と「新約」。ユダヤ教とキリスト教。西欧神秘伝統への大きな影響
014B ヘブライ文字について 「楽園の言語」(完全言語、天使言語)。楽園追放。共通言語(源ヘブライ語)。バベルの塔による共通言語の破壊。ルネサンスの知識人達によるヘブライ語の神聖視。意識の象徴としてのヘブライ文字。ヘブライ文字の解説。
014C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
014D
(非公開)
能動瞑想 能動瞑想とは。思考の連鎖。現代人に入りやすい瞑想。準備と注意する事について。「地」の象徴についての瞑想
 
STEP015解説 STEP解説
015A 生命の樹について3 「生命の樹」。様々な秘教的考え方の複合された図形。「炎の剣」。神が世界(宇宙)を創造する過程。2つの両極の原理。「力」と「形」。「霊」と「物質」。<否定的存在(AIN、AIN SPH、AIN SPH AVR)>。否定的存在を示す。<ケテル>。「無」から「有」への変容。万物の源
015B 霊的存在について 存在についてのAM教育コース的な見方。ブロディ・イネスの考え方。「仮定存在」について。「星幽霊」。「精霊」。人間の無意識のフィルター。「天使」「大天使」。現代の日本人にとっての捉え方
015C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
015D
(非公開)
受動瞑想 受動瞑想とは。イメージの連鎖。準備と注意する事について。リラックスの重要性。「地」の象徴についての瞑想
 
STEP016解説 STEP解説
016A 生命の樹について4 −炎の剣−。セフィラの流出と形成。稲妻(雷電)の道。<コクマー>。「力」の根源。陽。白柱。エネルギーの変化の原理。<ビナー>。「形」の根源。陰。黒柱
016B ユング心理学について4 人間が他者と交流する時の、内なるイメージの「投影」。「全」としての人間。関係性。神秘行の世界での注意する点
016C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
016D
(非公開)
感覚制御(直線の視覚化) 感覚制御とは。視覚化。集中しながら弛緩する。意識の状態。用意するもの。初歩的な線形の投影。指の軌跡を使ってみる。
 
STEP017解説 STEP解説
017A 生命の樹について5 −炎の剣−。倫理的三つ組み。<ケセド>。「構成」と「拡大」。<ゲブラー>。「分解」と「縮小」。<ティファレト>。「物質」への変容。
017B 「主」及び「キリスト」という存在のAM統合神秘行的捉え方について 「主」・根源的な存在、法則。キリスト教徒、無神論者の場合の考え方。「キリスト」・神性への導き手、真の自己。イエスとキリストの区別。象徴的存在の扱い方
017C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
017D
(非公開)
感覚制御(線形の視覚化) 前回と同様に直線を視覚化。線形、幾何学的な図形へと繋げる。視覚化を保つ。六芒星までの視覚化
 
STEP018解説 STEP解説
018A 生命の樹について6 −炎の剣−。星幽的三つ組み。<ネツァク>。「力」の顕現の最終段階。色彩の意味合い。「意識」の意味。引力。<ホド>。「形」の顕現の最終段階。斥力。<イェソド>。物質世界への最後の検閲機構。<マルクト>。物質的世界。炎の剣の完成。叡智の蛇への折り返し。
018B ヘブライ文字について2 文字の象形的意味。意味のルーツ。完成された象徴体系。象徴体系の学習の進め方。各文字の等価文字、意味、数価、末尾形の記憶。
018C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
018D
(非公開)
サインについて 神聖なる力の肉体としての物質世界への発現。世界への意識の顕示。エジプト神話。ホルスのサイン。ハーポクラテスのサイン
 
STEP019解説 STEP解説
019A 聖なる言葉と、その振動について 古代エジプトの秘儀「真名」。霊的な存在への強制の手段。言葉の「振動」。言の葉と言の根(音)
019B 「YHVH」について YHVH。旧約聖書の「主」「唯一神」。テトラグラマトン「神聖四文字」。正しい発音の秘密。「真名」の考え方。「主」の秘儀を示す文字。各種秘教的理論への展開
019C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法
019D
(非公開)
主への祈り 「主」についての再認識。「祈り」とは。祈りの方法。サインとの組み合わせ。意識の光の投射。意識の光の引き戻し
 
STEP020解説 STEP解説
020A タロット・カードについて 秘儀を絵で語る存在。タロットカードの構成。大アルカナと小アルカナ。大アルカナの題。発祥の伝説と現実的な記録。マルセイユ・タロット。遊戯用途から占術用途へ。18世紀からの流れ。エリファス・レヴィ。黄金の夜明け団。ライダー版とトート版。カード購入の指示。
020B ユング心理学について5 意識の型、機能、作用点、パターン。元型と元型イメージ。自我。ペルソナ。シャドウ。アニマ、アニムス。トリックスター。グレートマザー。ワイスマン
020C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法+主への祈り
020D
(非公開)
感覚制御(面の視覚化) 面の視覚化。三角形から六角形まで。色々な方法
 
STEP021解説 STEP解説
021A タロットについて2 タロットの占いとしての学習の開始。各カードの正位置・逆位置の基本的な意味を理解する。
021B 薔薇十字団について 秘密結社「薔薇十字団」。クリスチャン・ローゼン・クロイツ(C・R・C)の物語。「M」の書。聖霊の家。ヴァレンティン・アンドレーエと薔薇十字団
021C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法+主への祈り
021D
(非公開)
二重力の棒の作成 二重力の棒の由来。「魔術道具」の作成。材料の購入。塗料について。工具の扱い。塗り分け。保管の方法
 
STEP022解説 STEP解説
022A タロットについて3 占いの実践。準備。シャッフル。カット。スプレッド。リーディング。フォーカード・スプレッド。一日の運勢の占い
022B ユング心理学について6 自我とペルソナ。「自分」の発生。自分と他人の境界。他人と接するときの仮面=「ペルソナ」。それぞれの仮面の表情
022C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法+主への祈り
022D
(非公開)
オーラ視について オーラとは。概略。オーラ研究の歴史。AM統合神秘行としてのオーラの解釈。人間の視覚と意識。オーラの見方。内層オーラを見る
 
STEP023解説 STEP解説
023A 占星術について2 天宮図の作成。生年月日と生まれた場所の確認。天宮図作成の2通りの方法。自分の手で天宮図を作成する理由。書籍購入の指示。書籍を選ぶ際に認識しておきたいこと。古典占星術と心理占星術。教育担当の購入した占星術入門書のうちの代表的なものの紹介。天宮図の解釈と結果の提出
023B 秘教的色彩論 光と色について。生理学的説明。反射による物体の色。「光の3原色」と「色の3原色」。色彩と意識の関係。色を感じる瞑想
023C
(非公開)
継続実践学習 呼吸法+リラックス法3+アーサナ+導引法+主への祈り
023D
(非公開)
オーラ視について2 オーラの区分。オーラの構造。特異なオーラ。外層オーラの見方
 
STEP024
(非公開)
仮入会段階修了 仮入会段階の修了。第1段階以降の展望。グループとしての意味。グループマインド。インターネットと現代における叡智の流れについて。「流れ」への参入の意味。イニシェーションの概観。AMNのシンボル。AMNのシンボルのオーラへの刻印。進む径の選択。正式入会申請要項

 戻る